World Heritage

ホイアン
1999年に世界遺産に登録された、ホイアン(漢字表記、會安:安らかなる出会いの場)は、15世紀から19世紀まで、東南アジア海洋交易の拠点のひとつとして栄えた、国際貿易港でした。それ以前にも、当時この一帯を支配していた「チャンパ」の人たちが、貿易港として利用していた歴史があります。 現在、街並が当時のまま大切に保全、使用されている「ホイアンの古い街並み」は、様々な楽しみに満ちています。独特な 地元の料理をはじめとして、各国の料理を楽しむことも出来ます。また、個性豊かで多様なベトナムの手工芸品をお買い求め頂くことも出来ます。 街の至る所に残るとりわけ旧い家々は、各国の建築様式が混在した、ユニークな建造物です。それらを訪ね歩くのも楽しみのひとつです。

ミーソン聖域
ミーソン遺跡は、チャンパ王国の宗教「ヒンドゥー教シヴア派」の聖域です。 この地は、7世紀から13世紀にかけていくつもの宗教的建造物が建設され、その後それらの構築は放棄されました。またベトナム戦争により大部分が破壊され、廃墟のようになってしまっており、現在は、継続的に修復作業が続けられています。 おおよそ2キロの幅がある谷のような地形に、宗教儀式に使われた寺院があり、またこの地は、歴代の王様の墓所でもあります。 チャンパ王国の存在は東南アジアの政治と文化の歴史の中で重要な存在であったと考えられています。ミーソンの遺跡は、ヒンドゥー教の建築様式が導入され、東南アジアにおけるインド亜大陸との文化交流を示し、そのモニュメントは、ミーソン聖域の中で最も重要な建造物と考えられています。

フエ
ベトナム最後の王朝である阮(グエン)朝が19世紀から20世紀にかけて都を置いた古都。阮朝王宮は2キロ四方を城郭で囲まれており、中国の「紫禁城」を模していると言われています。王宮跡には、数多くの建造物がありましたが、いくつかはベトナム戦争時に破壊されてしまいました。しかしなお、幾多の贅を尽くした建物が現存し、当時の皇帝の威光を偲ぶことが出来ます。また王宮の南西部には、歴代皇帝が眠る帝廟が点在しており、それぞれの皇帝の思想や構成が繁栄された個性的な遺構を残しています。

ホイアン

ホイアン

ダナンから南へ30キロ。チャンパ王国時代から続く古い港町は、16世紀以降、中国や日本、ポルトガル、オランダなどの国と交易があり国際貿易港として繁栄しました。その影響から、様々な国や民族の建築方法を取り入れて建てられた建築物が多く現存しており、その独特な雰囲気の街は”ホイアンの古い街並み”として1999年にユネスコ世界遺産に登録されています。ベトナム雑貨や、アオザイ、ランタンなどの色彩豊かなお店が立ち並び、夜には古くからの伝統である灯籠流しやナイトマーケットなど、朝から夜まで、それぞれの時間帯にて異なった魅力をみせてくれます。

〜見どころ〜
タンキーの家
旧市街にある、18世紀に立てられた旧い家屋。ほぼ完全に当時のままで子孫たちが引き継いで現在に至る。今でも住居として現役です。
日本、中国、ベトナムの建築様式を融合して建てられています。住居の至る所にそれぞれの特徴をみてとることが出来ます。
日本橋「来遠橋」
約20メートルほどのこの短い屋根付きの橋は、当時、ホイアンに多数住んでいたと言われる日本人の手により架けられたとされています。1593年(申年)に工事が始まり、1595年(戌年)に完成したので、今も橋の両入り口に猿と犬の木像が鎮座し、橋を守護しています。
陶磁器貿易博物館
歴史的な建造物内に、陶磁器貿易の資料や当時の皿等の展示がされています。日本人の研究チームが作った資料も展示されています。なお、この建物のリフォームには、日本が技術面と資金面での協力をしています。それを示すプレートが、建物左側の壁に埋め込まれれています。
フルムーンフェスティバル
新月から数えて14日めの夜、ホイアン旧市街では、街灯が消され、街中の店舗が不要な電気を消し、軒先のランタンの灯かりだけになります。川面には、無数の灯籠が流され、街全体が普段の夜以上に幻想的な雰囲気に包まれます。開催日は年、月により変わりますので、ご確認ください。
トゥボン川
「母なる川」と称され、古くから漁師や村人の生活の源となる川です。山間をゆったりと流れる川に昔ながらの形をした船が浮かぶさまは、 日ごろの喧騒を忘れさせてくれます。 お椀型のボートに乗ってリバークルーズ体験も楽しめます。

ミーソン

ミーソン

ダナンから南へ50キロ程の場所にあるミーソン遺跡。今では少数派となった”チャム族”が築いた国である、チャンパ王国の宗教(ヒンドゥー教)の聖域として有名です。遺跡には4世紀から13世紀にかけての遺構が残されており、チャンパ王国の歴史的な遺産としてその価値が認められ、1999年にユネスコ世界遺産に登録されました。
建造物にはセメントや漆喰などの接着剤を使用した形跡がなく、チャム族の当時の技術力の高さを物語っています。発掘作業は今も継続されていますが、まだまだ多くの謎が残っており、興味の尽きない世界遺産の一つです。

〜見どころ〜
遺跡見学
かつてチャンパ王国の宗教の中心地であった場所。今は廃墟然とした聖域を見学します。
ミーソン聖地
この場所は戦略的に重要だったことなど、チャンパのための神聖な場所になった理由や、その歴史や景観を学ぶことが出来ます。
遺産の修復と保全
ベトナム戦争の爆撃により、破損してしまった箇所の復旧作業が未だに行われています。チャンパ王国の歴史、ベトナムの歴史が大きく刻まれている事が改めて感じられます。
アプサラダンス
有名なアプサラダンス "チャンパの妖精の踊り"を見学出来る施設があります。
チャキュウ
ミーソン遺跡近くに位置し、4世紀後半にチャンパ王国最初の都として建設され、数多くの彫刻作品や石碑が発見されています。現在ではカトリック教会を中心とした公園に整備されている為、当時の面影を感じられる事はほとんどありませんが、お天気のいい日には、チャキュウ遺跡のあった丘からミーソン遺跡のあるランメオ山やチャム島を見ることができます。

フエ

フエ

チャンパ王国の中心都市の一つでもあったフエは、19世紀頃からベトナム最後の王朝として繁栄し、今でもその当時の王宮や寺院などの歴史的建造物が多く残されています。そんなフエの街全体が1993年にベトナム最初のユネスコ世界遺産として登録されました。また阮朝歴代皇帝の帝廟や絢爛豪華なフエの宮廷料理も有名です。

〜見どころ〜
阮朝王宮
グエン朝指揮の下、17世紀頃から造られていた城壁を、20年以上の年月をかけて北京の紫禁城をモデルに大規模に増築された王宮。見所としては、行政が行われていた”太和殿”や王朝に居住区であった”紫禁城”などですが、ベトナム戦争でほぼ崩壊してしまい、太和殿や世廟などはすでに復元されていますが、王宮全体の復元作業は、未だに続けられています。
帝廟
王宮南西部のフォン川沿いに点在する阮朝歴代皇帝の陵墓。各皇帝には生前に陵を設計、風水思想を反映した構成をベースに、中国風や西洋風など個性的な遺構を残しています。中でも、緑に覆われたミンマン帝陵、阮朝最長の在位期間を誇る四代皇帝、トゥドゥック帝の陵、フランスのバロック様式とベトナムの伝統的な意匠が融合したカイディン帝陵が有名です。
ティエンムー寺院
ベトナム最古かつ最も美しい宗教的建造物と言われており、中国の影響を色濃くうけた八角形七層の塔(慈悲塔)が特徴の禅寺。1601年に天女のお告げで建てられたと言われています。住職がベトナム戦争中に南ベトナム政府に抗議して焼身自殺したことでも有名な寺院。
フエ宮廷料理
1945年以前まで王都が置かれていたフエでは、野菜や果物を使用したカービングなど、華麗な飾りつけと繊細な味の王宮料理が有名です。フォン川のほとりで宮廷音楽を聴きながら、フエ宮廷料理を楽しむ。そんな皇帝の日常を市内の様々なレストランで体験していただけます。
ドンバ市場
王宮跡の直ぐそばに位置する、古くから地元の人々に愛されているフエ最大の市場。所狭しと積まれた品々と人々の活気で溢れています。

Contact Us

PULCHRA - VIETNAM
29 Lot, Truong Sa Street, Hoa Hai Ward, Ngu Hanh Son District, Da Nang City, Vietnam
PH +84236 392.0823
FX +84236 391.3215
English Email : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
日本語 Email : このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
ご予約、またプルクラリゾートライフの過ごし方をゲストコーディネーターがサポートいたします。

Pulchra FUN Card

ロイヤリティプログラム - ポイントの貯め方、ご交換方法等ご利用に関するお知らせです。こちらをクリックして下さい。

Follow Me

Sales Representative

JAPAN - P&I ENTERPRISE, LTD.
日本総代理店
TEL 0436 25.0261
FAX 0436 25.0271
Email:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

Follow Me

Follow Me

smily Wander & Explore spellbinding scenery.